習作016 - 吸引




女神の両腕を捕らえた荒神は、上半身を起こして女神の左乳房に吸い付いた。
そして大きな口で乳首を吸引し始めたのだ。
追い詰められてエナジーを消耗した荒神は、あろうことか女神のエナジーを奪おうとしているのだった。
「ハゥオオオォォォ~ッ!?」
強力な吸引力で敏感な乳首を吸われ、たまらず悶えるアグレイア。
「オ、オォッ、オオォォ~ッ! フゥアアアァァ~~ッ!!」
失われていくエナジーと引き換えに、狂おしい快感が女神の全身を満たしていった。



露出した弱点を狙われ、再びのピンチ。
そろそろ決着? かもです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[ 2009/10/24 19:10 ] Poser | TB(0) | CM(2)

No title

こんばんはm^^m 前コメで、非公開に~~U   そうですね^^腕押さえられたら無防備ですね>< 荒神って、結構頭脳派かも(笑) 決着どうなるか楽しみにしています。
[ 2009/10/24 21:03 ] [ 編集 ]

No title

>通行人78様

こんばんわ~( ´∀`)

>結構頭脳派
そうですね、荒神にも少し頑張ってもらわないといけないので(笑)
女神の弱点を研究して苦しめるような頭脳派の敵も、いつか登場させたいと思っています。
[ 2009/10/24 22:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/37-56e80849