狡猾なる凌辱魔  【猿神ハグバルの章 其之五】

DyaravsSarugami26.jpg
『オ寝ンネスルニハマダ早イゾ。サァ、今度ハ後ロカラ突イテヤル!』
ディアラの身体をうつ伏せにひっくり返し、その腰を持ち上げ引き寄せる猿神。
腰のくびれから太股にかけて、肉感に満ちたラインが強調されると、再び肉棒の穂先を女陰にあてがう。
一度射精したにもかかわらず、その怒張ぶりは未だ衰える気配さえ見せていない。
そのまま腰を突き出し、そそり立ったままの男根を深々と肉壺に挿し入れていった。
「アッ、アアァァァ~ッッン……!!」
深く切ない吐息が喉奥から漏れ出し、思わず背を反らせて感じるディアラ。
DyaravsSarugami27.jpg
『ソラ! ソラ! 俺様ノ肉棒ノ味ハドウダ!?』
猿神に突かれるたび、蜜が溢れる淫猥な水音とともに、ぶるぶると揺れるディアラの巨尻。
『イイ眺メダ。獣ヲ統ベル神ガ、エロイケツヲ突キ出シテ、俺様ノ肉棒ニヨガリ狂ッテイルンダカラナァ』
『な、何を言う……あぁっ……あぁぁ……』
とろとろの愛蜜が絡みつく肉襞を押し広げんばかりに擦り付けながら、巨根が女体の奥で荒ぶる。
巧みに緩急をつけた猿神の腰の動きによって、切ない愉悦が荒波のように押し寄せた。
(だ、ダメだ……! こ、こんな……また、逝ってしまう……)
もはや快楽に抵抗する力も意志も奪われ、獣帥神としての誇りと戦意は、女の本能に完全に浸食されつつあった。

DyaravsSarugami28.jpg
『サァ、トビキリ濃イノヲクレテヤル!』
これでとどめとばかりに、猿神のピストン運動がヒートアップしていく。
『あぁっ?! や、やめろ……! そんなに突かれたら……あぁぁ~っっ?!』
『逝ケ! 雌犬ノヨウニ鳴クガイイ!』
鋼のように熱い塊で子宮口を速射砲のように突きまくられ、たまらずディアラの全神経が灼熱の快感に焼き尽くされた。
「アァアァァァ~~ンンンンッッ!!??」
まさに獣のような嬌声をあげて絶頂快感に身を震わせるディアラ。
激しく収縮する膣肉に締め上げられ、猿神の剛直もまた根をあげた。
『ウウッ!?』
忌まわしい銃口から白い溶岩のような熱いものがどくどくと吐き出され、獣帥神の神聖なる秘肉を汚していく。

DyaravsSarugami29.jpg

DyaravsSarugami30.jpg
『グフフ、最高ダ……コンナニイイ女ハ、ソウソウ居ナイゼ』
愉悦に逝き果てたディアラを見下ろし、猿神は呟いた。
その股間に生えた男神の象徴は、萎えるどころかますますいきり立つように猛々しくそびえている。
『決メタゾ。貴様ハ、コノ俺専用ノ肉奴隷ニシテヤル。永久ニ快楽ヲ味ワワセテヤロウ』
『ふ、ふざけるな……っ、誰が、お前などに……』
『ホウ? ソンナ無様ナ姿デ、マダソンナコトガ言エルノカ。ナラバ、逆ラウ気ガ失セルマデ犯シ続ケルダケダ!』
(くっ……身体が、動かない……)
強気なセリフとは裏腹に、ディアラには戦うことはおろか、立ち上がる力と気力さえ残されていなかった。
力なく開かれた両脚の付け根、その媚肉の割れ目からは、猿神に注がれた獣欲の白濁汁が溢れ出している。
全身を満たす快感の残り火、それと表裏一体の屈辱感と敗北感が、精神と肉体に鉛のように重く圧し掛かっていた。
(ま、負ける……あぁ……これ以上あの男根で犯されたら、おかしくなってしまう……)

DyaravsSarugami31.jpg
はためくような微かな羽音が彼方から聞こえてきたのは、その時だった。
音の主は、美しく輝く翼を優雅に羽ばたかせ、遥か遠くの空から信じ難いほどの速度で迫ってくる。
頭部と尾部に華麗な模様の羽を生やしたその姿は、あたかも異国の伝説に語り継がれる「鳳凰」のようであった。
『ナ、ナンダアレハ?』
今まさに獣帥神に覆いかぶさり、さらなる凌辱を開始しようとしていた猿神も、思わず上空を見上げて訝しんだ。

DyaravsSarugami32.jpg
あっという間に二柱の巨神の上空まで飛来した鳳神は、羽ばたきながら空中に静止した。
そして形容し難い甲高い声で叫んだかと思うと、翼を広げて全身から眩いばかりの閃光を放った。
『グワッ!! マッ、眩シイッ!!?』
空全体を黄金に染め上げるかのような、鮮烈な波状光線。
猿神はとっさに両目を手で覆おうとしたが、凄まじい光の刺激は一瞬のうちにその視覚を奪い去っていた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

[ 2017/06/10 20:01 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(3)

更新まってました!
立ち上がれないほどやられてるのに、強がるディアラがかわいいですw
完全にただのメスとして見られてしまっているのもぐっときますw
新キャラ登場で次回がとても気になりますね!
[ 2017/06/10 20:21 ] [ 編集 ]

今回のピンチもたまりませんでした。
実際は心身共に限界なのに敵に対してはあくまでも強気なディアラが素晴らしいです。
あと少しで猿神の肉奴隷にされてしまうというところでまさかの助っ人でしょうか。
もっと犯されてしまえという気持ちと逆転してほしいという気持ちがせめぎあって、何とももどかしいですw
次回の展開も楽しみにしていますね!
[ 2017/06/10 21:38 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

>Ide様

こんばんは。コメントありがとうございます!

精神的に屈する一歩手前で踏み止まっているものの、ディアラのボディはもうメロメロ状態ですね。
猿神もかなり調子に乗ってしまっていますが、このまますんなりいかないのがお決まりという奴でして……
果たして、猿神のどす黒い欲望は成就するんでしょうか?


>タブリス様

こんばんは。コメントありがとうございます!

これだけヤられ続けると、ディアラの心理描写も弱気に傾きそうになってしまって大変でした。
読み返してみると、ここまできて横槍を入れられる猿神も、ちょっとかわいそうに思えてきますw
「もっとやられてほしい」「でも負けないでほしい」というジレンマは、
ヒロピンの醍醐味のひとつだと思っていますので、そのように感じていただけるのは嬉しい限りです。
次回で完結予定ですので、見届けていただければ幸いです。
[ 2017/06/10 23:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/135-6f5ea208