狂乱の狼神  【獣神リッゴスの章 其之七】

AglayavsLiggos28.jpg
巨大な獣人の姿をしたその女性神は、不思議な風格を湛えていた。
清らかにそよぐ山の風に金色の髪が揺れ、黄金の胸当てと腰布が高貴な輝きを放っている。
豹柄の紋様に彩られた半裸身は、アグレイアとはまた異なる肉感に満ち溢れていた。
その体表からうっとりするような香りを漂わせながら、女性神は放心状態となった獣神の背後に歩み寄っていく。

AglayavsLiggos29.jpg
『お前は、よく頑張りました。さぞ苦しかったことでしょう』
豹柄の女性神はリッゴスの身体を背後から抱き締め、耳元で優しく囁いた。
慈しむように絡みついた腕から清らかなエナジーが注ぎ込まれ、脱力したリッゴスの身体が青白く光りはじめる。
『さあ、もうお休みなさい』
たくましい全身が光に包み込まれたかと思うと、獣神の巨体はたちまち消滅した。
大地にぐったりと横たわる、一頭の灰色の狼の姿だけを残して。

AglayavsLiggos30.jpg
リッゴスが本来の姿に戻ったのを見届けると、女性神はさらに歩みを進めた。
倒れ込んだアグレイアの足元まで進み出ると、恭しく片膝をつき、頭を下げた。
『麗しき女神よ。このような形で貴女の尊顔を拝することになるとは、思いもよりませんでした』
その口から発せられた神代の言語には、心からの畏敬の念が込められていた。
『我が名は獣帥神ディアラ。山に棲む生命の息吹を司り、獣神たちを束ねる者』
『この者の名はリッゴスと申します。本来は清く強い魂を持つ者――――』
『しかし若いがゆえに己の欲望の処し方を知らず、そこを邪なる意思の力に付け込まれてしまったのです』
『強い意志を持っていたがため、完全には悪に染まらず、しかし暴走する自らの肉体を御することは出来なかった』
『この者の力は強く、恥ずかしながら私の力をもってしても止めることは出来ませんでした』
『その挙句が、無実な人間たちを襲うという乱行。この者の所業は、全て私の罪にございます』
『あまつさえ、貴女にまでこのような狼藉を……このたびのこと、申し開きようもございません』
ディアラと名乗った女性神は、さらに深々と頭を垂れた。

AglayavsLiggos31.jpg

AglayavsLiggos32.jpg
『貴女は最後までその神具を使うことなく、リッゴスを救おうとしてくださいました』
『身を呈してまで一柱の獣神を鎮めようとしてくださったこと……深く感謝申し上げます』
『このようなことではお礼にもなりませんが……せめて私の力の一部を差し上げ、貴女の御身体を癒しましょう』
ディアラはアグレイアの上半身に覆いかぶさるようにして、その顔を近づけた。
そして女神の唇にそっと口づけ、濃密なエナジーを口内に注ぎ込んでいった。
「ンン……ンムッ……」
柔らかい唇の感触に、朦朧としていたアグレイアがわずかに声を漏らす。
獣神との戦いで力尽きた女神の全身が、力を取り戻すかのように黄金色の光に包まれていった。

AglayavsLiggos33.jpg
「獣帥神ディアラ……」
戦いの舞台であった山の中腹に立ち、空を見上げてつぶやく真亜子。
「獣神たちを束ねる者、か。この時代に、まだそのような神が健在だったとはね」
霞んだ意識の中でアグレイアが垣間見た獣帥神の姿は、真亜子の記憶としても脳裏に残っていた。
だが視線の先には、すでにディアラの姿はない。
また、会うことになるかもしれない。
確信に近い予感めいたものを感じ、真亜子は雌豹のような獣帥神のシルエットを青い空に重ね合わせていた。

AglayavsLiggos34.jpg
真亜子は踵を返し、速い足取りで山道を下り始めた
そこからほど近い山頂に向かう道の途上に、一人の少女と狼がいたことには気が付かずに。
「次に女神サマに会ったら、きちんとお礼を言うのよ? 襲ったりしたら、今度こそ真っ二つにされちゃうんだからね」
スポンサーサイト
[PR]

[ 2016/01/01 22:42 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(5)

待ってました!

また魅力的なエロスキャラが登場しましたね!
乳も体もアグレイアに負けず劣らずで今後の展開が楽しみです!
[ 2016/01/02 00:17 ] [ 編集 ]

更新お疲れ様です。
獣神リッゴスの章は今回で完結ということになるのかと思いますが、今作のような、敗北はしたけど結果的に問題解決し次回に繋がっていく・・というような話は、ヒロインはやられてほしいけど、最終的に敵が勝利するのも好きではないという自分的にはとても素晴らしい展開でしたw
新たなヒロイン(?)のディアラも肉感的でセクシーなキャラなので、ぜひやられてほしいですねw

今後の更新も楽しみにしていますが、くれぐれもお体にはお気をつけください。
[ 2016/01/02 01:04 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

> 三神峯様

こんばんは。コメントありがとうございますo(´∀`)o

新キャラ・ディアラは、アグレイアとは違った立ち位置のヒロインとして設定しました。
こういう割り切ったデザインにしましたので、遠慮なくエロスな目に遭わせたいと考えております(*´д`)



>Ide様

こんばんは。コメントありがとうございます( ・∀・ )

私が目指していたのはまさにおっしゃるような展開で、ウルトラマンで言えばヒドラ戦のような感じですね。
こういう形で締めくくることはかなり以前に決定していたのですが、
新キャラの設定を詰めるのに時間がかかってしまい、ついには年が明けてしまいました(゚д゚|||)

新ヒロインのディアラは、順調にいけばご期待に沿えるようなピンチに陥ってくれると思いますw
[ 2016/01/02 22:51 ] [ 編集 ]

以前から楽しく拝見しておりましたが、今回初めてコメントさせて頂きました。
アグレイアの肉感的なビジュアルや設定から感じられる土着神らしさ、そして守護者という神聖な立場のキャラクターが、触手などの汚らわしい存在に凌辱されたり、ピンチや敗北する姿がとても好きで、以前から大変楽しませて頂いております。
CGだけでなく地の文も大変魅力的で、文章のみでもCGと合わせても大変良いと感じます。

今回登場した新ヒロインもまた魅力的なキャラクターで、アグレイアと合わせて今後の展開に期待しております。
[ 2016/03/19 13:19 ] [ 編集 ]

>名無し様

コメントありがとうございます。
今ごろの返信で大変申し訳ございません(;´Д`)

以前から当ブログを楽しんでいただき、大変ありがとうございます。
私個人が抱く「戦うヒロイン」の理想像をなんとか具現化できないかということで、
CGや文章を通じて「女神アグレイア」という巨大ヒロインを創ったわけですが、
共感してくださる方がいると本当に嬉しくてたまりません。
最近はほとんど年数回更新という体たらくで申し訳なく思いますが、
気が向いたらまたご覧いただけると幸いです。
[ 2016/12/26 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/129-5f5853a8