狂乱の狼神  【獣神リッゴスの章 其之五】

AglayavsLiggos16.jpg
荒々しい野性の力を内在しているとはいえ、獣神の戦闘能力は女神に比べれば遥かに劣るはずであった。
しかし、邪悪な心を持つ何者かによって内に秘めた獰猛な欲望を開放され、
自然界や他の生物のエナジーを貪ることで、禍々しいまでのパワーと持久力を発揮できるようになっていたのだ。
屈辱的な体勢のまま、アグレイアはその力の凄まじさと自らの不覚を全身で噛みしめた。
が、今となってはもはや成す術もない。
乳首と秘部を護っていたガードが発光し、まもなく限界を迎えようとしていたのだ。

【獣神リッゴスの章 其之四】はこちら


AglayavsLiggos17.jpg
「オオオォォッ……! オ、オオォォ~~ッ……」
逞しくしなやかな肉体を持つ獣神と、長時間にわたって肌を合わせて戦ったためであろうか。
ガードが完全に消滅した時、露わになった乳首はすでに半ば尖り勃ち、陰唇はぬめりを帯び始めていた。
最小限の防具すらも失って全裸の姿を晒すことは、これから女神の身により深刻な危機が訪れることを意味している。
敏感な部分が外気に触れることで、女神の肉体はさらなる火照りに包まれていくのである。

AglayavsLiggos18.jpg
アグレイアの裸身が放つ艶かしい匂いを嗅ぎつけ、獣神はにわかに目の色を変えた。
そして抱え上げていた女神の身体を地面に投げ落とすと、その豊かな乳房にむしゃぶりついたのだった。
「オオオォォ~ッ?! オオォッ、オオォォッン?!」
ざらついた長い舌で乳房を舐め回され、アグレイアはびくりと身体を震わせて吐息を吐いた。
獣神の体をなんとか押し返そうとするものの、
感度の高まった乳首を転がすように舐られるたびに快感が走り、両腕に力が入らない。

AglayavsLiggos19.jpg
豊潤な乳肉と乳首の味を存分に堪能した獣神は、鼻息を荒くしながら女神の股間へと顔を近づけた。
「フオオオォォ~~ッッ?!」
匂い立つ蜜の滲んだ秘唇をずるりと舐め上げられ、たまらず身体を弓なりに反らして喘ぐアグレイア。
割れ目の奥からさらなる潤いが溢れ出すと、獣神は淫靡な蜜を味わい尽くそうとするかのように、
秘唇を割って膣内まで長い舌を侵入させ、夢中で舐めずり回すのだった。
「オオオォッ?! オ、オ、オォゥッ、オオォッン! ホオオオォォォ~~~ッッ……!!」
まさに発情期の獣のような荒々しい舌遣いに、アグレイアの下半身はたちまち痺れるような切なさに満ち溢れた。
胎内に秘められていたエナジーが、愛液とともに体外へ止めどなく流出していく。
抵抗しようとする意志は舌責めの快感に熔かし尽くされ、熱い吐息を吐きながら喘ぎ悶えるばかりであった。

AglayavsLiggos20.jpg
女神に抵抗する力が残っていないと見るや、獣神は息遣いをいっそう激しくしながら立ち上がった。
その股間からは、これまで体内に隠されていた男根が姿を現し、見る見るうちにそそり立っていく。
異常なまでに太く長大な、その肉棒のみなぎりを目前に突き付けられ、女神は思わず息を呑んだ。
そして、瞬時に悟らざるを得なかった。
強化されたパワーでも鋭い隠し爪でもない、
この熱く猛々しい男の象徴こそが、獣神の最大の武器であったのだということを――――


【獣神リッゴスの章 其之六】へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2015/01/18 18:52 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(8)

リッゴスの本気きたぁーっ!!!( ☆Д☆)

ヒロピンファンからしたらこっからが本番でございますな!
どう攻められどう悶えどう決着するのか…目が離せません!!(*´ω`*)モンモン


リッゴスという名前はいつにも増していいネーミングですね。
描きたい欲求に駆られてしまいます!
MEDAさんのセンスが羨ましい…帰り道、背中に気を付けて下さいね…( ▼∀▼)フフフ
[ 2015/01/19 18:57 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

>三神峰様

こんばんは。コメントありがとうございます( ´∀`)

まさにここからが本番、かもしれませんw
この後の展開のためにも、リッゴスには女神相手に思い切り鬱憤を晴らしてもらおうと思います(*´д`)

私はもともとネーミングセンスは大したことないのですが(;´Д`)
最近はさらにネタ切れ気味になってきたため、「ネーミング辞典」なんかを参考にして
異言語っぽくて響きの良い語感になるように多少アレンジを加えたりしています。
| 冫、)ジー (;・∀・)ハッ?

アグレイアVSリッゴスを描いていただけたら、小躍りして喜びます(*゚∀゚)



>拍手コメントをくださった方

コメントをいただき、ありがとうございます(´∀`)
今後の展開、ご期待に沿えるよう頑張りたいと思います!
[ 2015/01/19 23:58 ] [ 編集 ]

更新おつかれさまです。

正々堂々の一騎打ちで敗北し犯されてしまうアグレイア・・・たまりませんねw
リッゴスさんの逞しい体に密かに欲情していたというのもアグレイアのM性が感じられてぐっときます!

我等がリッゴスさんも、エロ攻撃はしないのかと思いきや、据え膳をきっちり食らう男っぷりは流石ですねww
[ 2015/01/20 20:53 ] [ 編集 ]

> Ide様

こんばんは。コメントありがとうございます(*゚∀゚)

結果的にではありますが、猛攻に耐えて持久戦に持ち込んだリッゴスの作戦勝ちと言えますね。
まだアグレイアの完全敗北と決まったわけじゃないですが……おっと、これ以上はシーッ! d( ゚ε゚;)

リッゴスの体臭はフェロモン的な働きがあって云々、という設定も考えたりしたのですが(;^ω^)
もともと感じ易いという弱点を持つアグレイアなので、
あれだけ密着して戦えば色々と刺激を受けてしまうのでしょう、多分。

こういう展開になるなら、もっと早くからエロ攻撃を織り交ぜておけばよかったかも……?
と、今更ながら思ったりもします(‐ω‐;)
[ 2015/01/20 22:49 ] [ 編集 ]

体毛

獣神リッゴスに倒されて乳首を舐め上げられた時は、身体を重ね合わせてますよね。
全身が性感帯として感じ易くなっているアグレイアは、獣神リッゴスの体毛で撫でられる、それだけでイキそうになるのでしょうかね。
[ 2015/01/21 17:33 ] [ 編集 ]

>樽"井 冷泉鈴様

こんばんは。コメントありがとうございます(*^ー゚)

フサフサの体毛によるフェザータッチも、最大級に敏感になったアグレイアにしてみれば
たまらない快感攻撃かもしれませんね(*´д`)
もしかすると獣神は、女神にとってかなり相性の悪い(ある意味良い)相手だったんでしょうか(;´∀`)
[ 2015/01/22 23:02 ] [ 編集 ]

アグレイアの体力を奪ってからの胸〜股間責め!
リッゴス様いい仕事をしてくれましたね!しかも中々立派なモノをお持ちだw
個人的にはもうしばらく女神が喘いだり悶えたりするところを見たいですw逆転はもう少し経ってからで…

女神が発情させられてる時は、やはり真亜子も感じてしまうのでしょうか?
変身前の凛々しい真亜子が悶えてる表情を想像すると…素晴らしいですね!
[ 2015/01/23 23:51 ] [ 編集 ]

>ぽん酢様

こんばんは。コメントありがとうございますo(^-^)o

かなりの体力を消耗させられてしまったアグレイアですが、
対するリッゴスも女神との寝技の応酬で辛抱堪らなくなっていたのかもしれません。
溜まりに溜まっている様子のリッゴスなので、
この直後に逆転されたら死んでも死に切れないでしょうw どうかご安心ください(*´∀`)

変身している時の真亜子は女神と意識を共有しているので、
女神が感じさせられればやはり感じてしまいます。
荒神との戦いでは、人間相手ではとても味わえないような快感攻撃を浴びてしまいますから……
女神に変身して戦うというのは、とても大変なことですね(*´д`)
[ 2015/01/25 18:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/127-f088a697