巨神図録 荒神ベヘム

Behem_zuroku1.jpg

【荒神 ベヘム Behem】

体長:70メートル
体重:5万5千トン


四足歩行の巨大な水棲動物の姿をした荒神。
元々は古生代に生息していた生物であった。
地球環境の激変によって絶滅寸前まで数を減らすも生き残り、
種として長い歴史を生き抜いてきたことで「魂の昇華」を果たし神格を得る。
岩山のような巨体と並外れた怪力、荒々しい気性のため古代世界では恐れられ、
世界各地の神話や伝説において様々な名で書き記されている。

長い間地下深くの神殿に封印されていたが、地震によって神殿が地表に姿を現し、
発掘調査を行っていた研究者が偶然封印を解いてしまったことで現代世界に蘇った。
長年の空腹を満たすために人間の魂を求めて暴れ回り、阻止しようとした女神アグレイアと戦うことになる。
鋭い二本の牙と強烈な突進攻撃でアグレイアを苦しめ、
さらに背びれから発する電撃を股間に浴びせて快感絶頂に追い込み、失神させてしまう。
ブレスレットの力で復活し、再び行く手に立ち塞がったアグレイアに対し、
弱点である陰部を細長い舌で責め立て、再度絶頂に至らしめた。
女神を敗北寸前にまで追い詰めたものの、最後はリングスラッシュで首を切断され消滅する。
しかしその強靭な魂はなお健在であり、近い将来再び肉体を得て復活する可能性は否定できない。


Behem_zuroku2.jpg
細長い舌は普段は喉の奥にしまい込まれているが、獲物を捕食する際には長く伸び、強力な武器の一つとなる。
見た目に反して力が強く、主に獲物を捕らえて締め上げるのに使用される。
そのうえ柔軟で細やかな動きも可能であり、雌の性感帯を責め立てて弱らせることも出来る。
アグレイアも最大の弱点である陰核や膣内を舐めずり回され、強烈な快感に喘ぎ悶える恥辱を味わった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

[ 2014/03/09 22:08 ] 巨神図録 | TB(0) | CM(8)

こんばんは!更新おつかれさまです。
ベヘムさん復活する気まんまんのようですねw
復活したときは、アグレイアをまた快感地獄に突き落としてほしいものですw
[ 2014/03/11 23:12 ] [ 編集 ]

>Ide様

こんばんは。コメントありがとうございます(*゚∀゚)

アグレイアとベヘムの戦いが一応の決着を見たので、ベヘムについての設定を改めてまとめてみました。
もし復活して女神と再戦することになれば、この記事も加筆されることでしょう。

「復活」=「パワーアップ」がお約束ですからね(謎の弱体化を遂げるものもいますがw)
再登場したベヘムはさらにエロい……いや、ステキな能力で、
アグレイアをめくるめくピンチのどん底に陥れてくれるものと確信しています(´∀`*)
[ 2014/03/12 19:07 ] [ 編集 ]

こんばんは!更新楽しみにしていました^ ^

力勝負でも優勢、そして女神を散々に喘がせて2度も絶頂に追い込んだべヘムなら復活したら更なる大活躍(?)してくれると信じています^ ^
[ 2014/03/12 23:52 ] [ 編集 ]

>ぽん酢様

こんばんは。コメントありがとうございます( ´∀`)

アグレイアもベヘムの責めによる快楽を刻みこまれていますから、
もしもベヘムが復活すれば、前回以上に苦しめられることになるかもしれません(*´д`)

もっとも、それが実現するのはいつになるか分かりませんが(;´Д`)
[ 2014/03/13 22:20 ] [ 編集 ]

侵入

更新、お疲れ様です。

二枚目の女神は、チョット情けない程に、感じさせられてますね。
しかし、べヘムの細く長い舌で隅々まで舐め回されると、仕方が無いのかも。

エロ小説だと、「子宮口を押し拡げんばかりに突き上げて…」なんて表現が有りましたが、
べヘムの舌だと「子宮にまで侵入して、舐め回して…」、とかでしょうか。
それで、女体の感じ方が劇的にUpするかは、分かりませんけど。f^_^;
[ 2014/03/15 17:07 ] [ 編集 ]

>樽"井 冷泉鈴様

こんばんは。コメントありがとうございます(*゚∀゚)

2枚目のシーンは、既に公開したベヘム戦の「ifシナリオ」とでも言いましょうか、
あるいは特撮映像作品によくあるカットされたシーンとでも思っていただければと思います。
(実際には後から作ったものなんですがw)
確かに、女神ともあろう者が完全に快感に身を任せちゃってますね……

これだけ長い舌なら子宮に易々と侵入できそうですが、残念ながら子宮内部には性感帯は無いようです。
ただ子宮内にまで侵入を許し、あまつさえ内部を蹂躙されているという事実は、
かなりの羞恥と屈辱をもたらすものだと思いますので、精神的な効果はあるのではないかと(;・`д・́)
もしくは荒神に繰り返し責められることで開発され……う~む、妄想が広がりますね(´∀`*)
[ 2014/03/15 22:31 ] [ 編集 ]

今晩は。

荒神が誕生・復活する経緯や闘いの軌跡などの背景が
文面と写真(CG)で解説されているのは嬉しいです。
怪獣図鑑を見ているようでワクワクしました!

今後、どんな荒神が「巨神図録」に載るのか楽しみです!!
[ 2014/03/17 01:02 ] [ 編集 ]

>INRA様

こんばんは。コメントありがとうございます( ´∀`)

怪獣図鑑的なものは、いつか作ってみたいと思っていました。
大げさな言い方をすれば、幼い頃にテレビ絵本等に載っている怪獣の姿と解説を見てドキドキした記憶が、
私をこのような趣味に駆り立てたのかもしれません。
(『ウルトラマンを苦しめた』みたいな文章で、違う意味でドキドキしていたのは内緒ですw)

これから色々な荒神を載せていきたいのですが、
そのためにはその荒神が登場するシナリオを一応完結させないといけないわけでして……
「巨神図録」が怪獣図鑑並みに充実するまでには、相当な時間がかかる予感がします(;´Д`)

それでもウルトラ怪獣とまではいかなくとも、より魅力的な荒神を紹介できるよう、
図録を少しずつ充実させていきたいと思います(`・ω・´)
[ 2014/03/17 21:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/121-d20922b7