スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜戦

夜戦1
夜の深い闇の中、薄い月明かりが女神と怪獣の戦いを照らし出す。
強靭な腕力と硬い皮膚を持つ怪獣ドルガを相手に、アグレイアは長時間の戦いを強いられていた。
パワーを消耗し、動きが鈍ったところを背後から乳房を鷲掴みにされてしまう。
「オウゥゥゥッ……?! オ、オオォォン、オオォォォォッ……!!」
巨大な掌で乳肉を揉みしだかれ、悩ましい喘ぎを漏らして悶えるアグレイア。

夜戦2
怪獣の太い腕をなんとか引き剥がし、卑猥な束縛から逃れた女神は間合いを取って反撃の体勢に入った。
「セヤアアァァァッッ!!」
逞しい下半身から繰り出された強烈なハイキックが、ドルガの顎を完璧に捉えた。
鈍い音が響き、凄まじい衝撃で顎を撃ち抜かれたドルガの巨体が、ゆっくりと仰向けに倒れていった……



今回は、zakull様の作成された怪獣フィギュア「ドルガ」を使わせていただきました。
いかにも怪獣らしい力強い造形と、愛嬌のある顔が素敵なフィギュアですね。
今回はあっさりとした決着でしたが、また機会があればもっと女神を苦しめる活躍をさせたいです。

夜のシーンはなかなか難しいと思って避けていたのですが、やっぱり難しいですね(´・ω・`)
これもまた再チャレンジの機会を図ろうと思います。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2013/10/14 23:00 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(3)

今晩は。

アグレイアの肉体が月明かりに照らされてセクシーですね。
女性ヒロインは足技、特にハイキックの方が映えますね。
脚のなめらかな曲線や筋肉の凹凸がたまりません!

怪獣は黒目があると、愛嬌がある感じになりますね。
昭和ウルトラマンのどことなく愛嬌を感じさせる怪獣が個人的に好きです。

ベヘムとの決着も含め、次回の更新も楽しみにしています!
[ 2013/10/18 00:28 ] [ 編集 ]

>INRA様

こんばんは。コメントありがとうございますo(´∀`)o

女性の格闘アクションというと、全般的に足技主体が多いという印象がありますね。
リーチや威力という実用的な面もさることながら、やはり見栄えの美しさも大きな理由なのでしょう。
逞しい脚を持つヒロインの開脚ポーズは、いろんな意味で破壊力抜群です(*´д`)

初期のウルトラ怪獣は、親しみの湧くようなデザインのものが多いですね。
そこには多くの怪獣のデザインを手掛けたデザイナーの成田亨さんの
「異形なるがゆえに、人間社会から拒否されているモンスターの哀しさとおかしさが漂ってほしい」
という願いがあったようです。
単なる悪役ではなく、愛すべき個性を持った存在として生み出された怪獣たちだからこそ、
未だに多くの人々に親しまれているのでしょうね。

個人的には、見た目はユーモラスなのに実は物凄く強い、というパターンが大好きですw
(ベムスターとかブラックピジョンあたりが代表例でしょうか)
[ 2013/10/20 00:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/26 00:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/115-f169a6b2












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。