晒刑

晒刑1
強敵の前に敗北を喫し、拘束された女神アグレイア。
夕陽が照らす丘の上で、両手両足を開かされたあられもない姿を晒されてしまう。

(※ 前回までの画像との関連はありません)


晒刑2

最近あまり作っていなかった、女神の敗北シーン。
「磔にされたヒロイン」というシチュはよく見ますが、これは「磔」とはちょっと違うような……?
いわゆる「磔」というのは公開処刑であるらしいので、
敗者の生きた姿をを衆目に晒して辱めるのを目的とするのは何刑と言うのか……
と、悩んだ末にこんなタイトルになりました(;^ω^)
十字架も良いんですが、こういうX字型のポーズの方が惨めな感じがして個人的には好みです(*´д`)

新年度に入り、仕事の部署が異動になったこともあって非常に忙しく、今月は全く更新できませんでした。
時間が無いのもありますが、何より精神的に疲れてしまう毎日が続いています(;´Д`)
ゴールデンウィークは少し脳を休めて、余裕があれば新しいシチュエーションを考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[ 2013/04/30 22:46 ] Poser | TB(0) | CM(4)

今晩は。

X字型の拘束は自分も好きです!!
足を大きく開かされたあられもない姿が羞恥心を煽りますね。
磔柱ではなく、両サイドからの拘束なので、場合によっては後ろから女神を責めることも…。
体に泥汚れや擦り傷などがあったら、激戦後の敗北感が際立つように思います。
晒刑にされる前後のストーリー、自分の中でいろいろと妄想が膨らみます!

お忙しい中での更新、お疲れ様です。
くれぐれも無理をなさりませんように。
[ 2013/05/03 02:05 ] [ 編集 ]

>INRA様

こんばんは。コメントありがとうございます!

X字型拘束といえば『帰ってきたウルトラマン』が思い出されますが、
開脚状態で連れ去られるウルトラマン(引き廻しの刑?)はなんともセクシーな感じがしましたw

今回磔柱での拘束にしなかったのは、おっしゃるように後ろから存分に責められるようにするためと、
お尻を遮る物がなく丸見えになるというメリット(?)があるためだったりもします。
身体の汚れも表現したかったところなのですが、アグレイアの皮膚には
特殊な表面処理(Real Skin Shader)が施してあるので、なかなか難しく断念しました(;´Д`)
以前はマテリアル設定で出来ていたのですが、ツールを使っている場合は一工夫必要なようです。

本来こういうシーンは、一連の流れの中の一つとして作れればいいのですけどね(;´Д`)
[ 2013/05/04 22:55 ] [ 編集 ]

この処刑道具イイデスね

回りの地面から何か涌いて出てきそうで、この後に何が起きるか想像がそそられます。
[ 2013/07/11 07:04 ] [ 編集 ]

>CANDY様

こんばんは。コメントありがとうございます( ´∀`)

この拘束具は本当に無防備になるので、様々な責めが考えられますね。
地面から湧いて出てくる……大変素敵な展開になりそうです(*´д`)

この小道具には他にもいろんな拘束具がセットになっていましたので、
機会があれば使ってみたいと思っています。
[ 2013/07/11 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/107-1b27d7a2