昇天舌技

昇天舌技1
大の字に倒れた体勢から身を起こそうとするアグレイア。
だが、いつの間にか地中から突き出た手が女神の両腕を掴み、動きを封じてしまっていた。
「アアァゥッッ?!」
そして股の間からは、猥褻な笑みを浮かべた荒神ロゾルムの顔が覗いていた。

昇天舌技2
すでに潤い始めた股間の割れ目を、ロゾルムの長い舌がべろりとなぞり上げた。
「ホオオオォォォ…………ッ!!」
アグレイアはたまらず熱い息を漏らし、身をよじらせる。
戦闘時はただでさえ敏感になっている女神の肉体だが、
荒神の卑猥な手で執拗に弄られたことによって、戦意を保つのがやっとなほどに火照ってしまっていた。
抵抗する力が弱まっているのを見て取った荒神は、陰唇を何度も何度も舐め上げ、責め立てた。
「ハオオオォッ?! オオオォッン、オオオォォッン!! オオオォォォ~~ッッ?!!」

昇天舌技3
『コレガ女神ノ性器カ……グフフ、トビキリ淫ラナ味ガスルゾ』
荒神の口が、女神の肉体で最も敏感な陰核に吸い付いた。
じゅるじゅるっ、といやらしい水音を立てながら吸引し、さらに舌先で転がすように弄ぶ。
「オオォォッッン?!! フオオオオォォォ~~……ッッ!!?」
アグレイアの悲鳴がいっそう艶かしいものになり、びくんっ、と身体が跳ね上がる。
狂おしいほどの快感が全身を痺れさせ、絶頂への予感に女神は震えた。

昇天舌技4
そして荒神の舌がいっそう激しく肉豆を責め立て、
「オオオォォッン!!? フオオォォッ、オオォッオオオオオオオオォォォォ~~~~ッッッン!!!」
ブリッジするかのように身体を大きく反り返らせながら、女神は快感絶頂に達してしまった。
『グフフ、遂ニ果テタカ……私ノ舌技ヲ存分ニ堪能シテクレタヨウダナ』
女神の陰唇から溢れ出る濃密なエナジーのエキスを舐め取り、ロゾルムは満足そうに微笑んだ。



以前作ったシチュをリセットして、女神の逝かされシーンを新たに作成してみました。

「地面から腕を出して女神を押さえつける」シーンはわりとすんなり出来たのですが、
4枚目の画像のアングルやライティングがなかなか決まらず、時間が掛かってしまいました(;´Д`)

しかし、「絶頂」というモノは表現するのがなかなか難しいです。
画像の迫力不足をテキストでなんとか補おうとも思いましたが、ダメでした(ノ∀`)
こういうシーンは、もっと濃密に描写してみたいんですけどね……

次回の更新は、また別のシーンを挟むかもしれません。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2013/03/06 19:21 ] Poser | TB(0) | CM(5)

今晩は。

されるがままに痴態をさらす女神の姿、そそりますね!
ロゾルムは実にイイ仕事をしていると思います。

アグレイアの表情に焦点をあてたアングルにすると、
「絶頂」が強調されるかもしれません。

次のシーン、楽しみにしています!!
[ 2013/03/08 00:30 ] [ 編集 ]

パチパチパチ!!

素晴らしい!
シチュエーションといい、CGの美麗さといい、思わず拍手してしまいます。
ついつい次も期待してしまいますが、ご自分のペースで更新ください。
[ 2013/03/09 00:29 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>INRA様

こんばんは。コメントありがとうございます(´∀`)

ロゾルムの舌は長いうえに柔軟に動くので(画像では上手く表現できてませんが)、
あんなトコロをまともに責められたら女神もひとたまりもないですね(;´∀`)

絶頂を描写した(つもりの)4枚目の画像は、3枚目とはポーズ等がかなり違っているハズなんですが、
出来上がりを見るとどうも印象が似通ったものになってしまった気がします。
仰る通り、表情をもっと強調した構図にした方が良いようですね(;´Д`)
表情そのものもワンパターンになりがちで、難しいところです。

>事務員様

こんばんは。コメントありがとうございます( ´∀`)

こういうストレートな描写は久しぶりで、どこまで表現できたか不安もあったのですが
そのように言っていただけて嬉しい限りです。
この先も一応考えてはいるのですが、やりたいコトがどうもコロコロ変わってしまうので
お見せできるのはいつになるやら……といった感じです(;´Д`)
[ 2013/03/09 21:27 ] [ 編集 ]

素晴らしいシチュエーションですね。
肉感的なアグレイアがまんぐり固めで責められるとかも見たいです^^
[ 2013/04/27 20:53 ] [ 編集 ]

>KINZO様

こんばんは。コメントありがとうございます( ´∀`)

屈辱的なポーズをとらされるヒロインはイイものですね(*´д`)
それもこういうエロい敵がいてこその展開ではあるので、
今後もアグレイアを辱めるいやらしい敵を登場させたいものです。
[ 2013/04/28 20:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aglaya.blog.fc2.com/tb.php/106-0b2bdb8c