スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狡猾なる凌辱魔  【猿神ハグバルの章 其之五】

DyaravsSarugami26.jpg
『オ寝ンネスルニハマダ早イゾ。サァ、今度ハ後ロカラ突イテヤル!』
ディアラの身体をうつ伏せにひっくり返し、その腰を持ち上げ引き寄せる猿神。
腰のくびれから太股にかけて、肉感に満ちたラインが強調されると、再び肉棒の穂先を女陰にあてがう。
一度射精したにもかかわらず、その怒張ぶりは未だ衰える気配さえ見せていない。
そのまま腰を突き出し、そそり立ったままの男根を深々と肉壺に挿し入れていった。
「アッ、アアァァァ~ッッン……!!」
深く切ない吐息が喉奥から漏れ出し、思わず背を反らせて感じるディアラ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ 2017/06/10 20:01 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(3)

狡猾なる凌辱魔  【猿神ハグバルの章 其之四】

DyaravsSarugami20.jpg
瞬く間に、ディアラの身体は黒い体毛で覆われた腕でがっちりと抱きとめられていた。
素裸の女体をそのまま抱え上げ、両腕でその胴体を引き絞るかのように、力任せに締め上げる猿神。
「ア……アァッ!! ウゥゥッ、クッ……ア、アァァッ……!!」
仰け反って苦悶の声をあげる獣帥神。
弓なりに反って引き攣る肉感ボディが、その苦しみを如実に表していた。
(く、苦しい……っ……こいつに、これほどのパワーがあったなんて……!)
両脚をばたつかせ、拳で猿神の肩や背中を乱打し、必死の抵抗を試みるが、思うように力が入らない。
『無駄ダ……モウ貴様ニ、勝チ目ハ無イ』
不敵に笑う猿神。
抵抗する微かな力も徐々に弱まり、逆に強まっていく締め付けの中で、ディアナの意識は遠くなりかけていた。

[ 2017/06/03 11:00 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(4)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。