狂乱の狼神  【獣神リッゴスの章 其之六】

AglayavsLiggos21.jpg
うつ伏せになって何とか立ち上がろうとするアグレイアだが、舌責めによって散々に喘がされた肉体には
エナジーはほとんど残されておらず、四つんばいの状態で這い逃れようとするのが精一杯だった。
しかし、丸々とした巨尻を敵前に晒すその姿勢は、制御を失ったリッゴスの獣欲をさらに煽り立てることになった。
発情した猛獣そのものの勢いで襲い掛かる獣神。
その腕が逃れようとあがく女神の腰をがっちりと捕え、先走りの滴る巨根が女陰の割れ目に押し当てられた。

スポンサーサイト
[PR]

[ 2015/02/08 19:01 ] 女神アグレイア | TB(0) | CM(7)